脱毛をするタイミング

脱毛というのはいつすれば良いかご存知ですか。いつでも良いというわけではありません。脱毛に適した時期や間隔についてご説明します。

脱毛をするタイミングは、毛が生える周期と深く関係しています。人間の毛というのは、いつでも生えてくるように思えるかもしれませんが、毛穴ひとつひとつについていえば、一定のサイクルで生え変わっています。まず、毛根の「毛母細胞」という細胞が活発に分裂を始め、皮膚の中で新しい毛が伸び始め、太く長くなり、ついに表皮の上へ出てきます。毛母細胞の分裂が止まると毛はそれ以上伸びません。しばらくは毛穴にとどまったあと、毛は自然に抜け落ちます。そしてまた毛母細胞が活発になり始めると新しい毛が生えてきます。すべての毛穴が足並みそろえて生えたり抜けたりするわけではなく、それぞれの毛穴ごとに周期がずれています。

医療レーザーでもエステサロンの光脱毛でも、照射によってダメージを与えたいのは、毛そのものと毛母細胞そのものです。これらの光は黒い部分に反応するという性質があり、肌の内部の毛母細胞や毛が照射された光を吸収し、熱を持つことでダメージを受けます。その結果、毛が生えにくくなっていきます。よって、照射すべきタイミングというのは、毛穴の中で毛母細胞が活発に動き始めてから抜けてしまう直前までの間です。抜けてしまったり、自分で抜いてしまったりしては、毛穴の中に黒い部分が残りませんから、照射の効果が得られません。

一般的に、脱毛の施術の間隔は2か月程度が良いとされています。その理由は、一度照射して抜けきったあとで毛が生えそろってくるまでに2か月くらいかかるからです。個人差もありますから、医療機関やエステサロンで相談しながら施術を受けてくださいね。

Writen by 管理人