医療とエステの違い

脱毛を依頼できる場所には、医療機関とエステサロンがあります。医療とエステにはそれぞれどのような違いがあるのか、解説します。

医療機関の脱毛というのは、レーザー脱毛です。肌の内部に届くレーザー光線を当て、毛が生える元である細胞を破壊します。細胞そのものを破壊してしまうので、そこからは二度と毛が生えてくることがありません。よって、医療機関でのレーザー脱毛は「永久脱毛」と呼ばれます。照射力が強いため、施術できるのは医師免許のある人だけになります。よって、エステサロンではレーザー脱毛は施術できません。また、照射力が強いために、痛みもエステサロンと比べると強く感じる方もいますが、痛み以上の効果は得られます。また、医療機関での施術ですから、万が一肌トラブルが発生したときにもすぐ対応してもらえて安心です。

一方のエステサロンでは、「光脱毛」という方法が採られます。毛が抜ける仕組みはレーザー照射と同じなのですが、照射力が弱いです。そのため、毛が生える元の細胞を破壊することはできません。細胞にダメージを与えることで、一時的な除毛や制毛(毛が生えるスピードを落としたり、量を落としたりすること)が可能です。定期的に通い続ければ、つるつるの肌をキープすることも可能です。万が一肌トラブルが発生したときのために、医療機関のフォローのあるエステサロンを選んでおくと良いでしょう。

Writen by 管理人